【メインコラム】第一回:会社紹介

映画配給会社ギグリーボックス

まずは、サロンを開催するにあたり、ギグリーボックスという配給会社がどういう会社で、どういった事をしていて、どんなメンバーがいるのかという説明をさせてもらえればと思っています。


1、会社名
前提として、自らが楽しまなければ人に楽しいもの(=エンターテインメント)は提供できません!
自ら楽しみ、そして、誰もが楽しい気持ちになれるコンテンツをお届けしていく、そんな会社を目指したいという想いからクスクス良く笑うという意味の”Giggly”と、会社や映画を”Box”に例え、それらを組み合わせた”Giggly Box”という会社名が生まれました。

つまり、「クスクス良く笑うが詰まった会社!!」それが映画配給会社ギグリーボックスになります!



2、事業内容
簡単に言ってしまうと、「映画を世の中に発信・展開していく会社」になります。
1つの映画をお客様に発信していくには、その映画の宣伝活動をしなければなりません。そして、映画館にて上映をしてもらわなければなりません。その後、DVDや配信等々、いろいろな媒体で映画を展開していくのですが、その展開を実行出来るのが映画配給会社になります。※より詳しくは、追々このGBサロンで説明していければと思います。

ただ、いわゆる配給会社と少し違うところがギグリーボックスにはあります!!

それは、配給に関わる業務のほぼほぼを自社で担うことが出来るという事!!
(もちろん社員のお陰です。感謝です。)

ちなみに、ギグリーボックスだけでは担えない部分が正直あるので、”ほぼほぼ”と敢えて言いましたが、手が届かないところは業務提携先と連携することで、なんと、ほぼ全ての業務を我々のチームで担うことが出来ちゃうんです!!

具体的には、
自社で出来ること:配給業務、宣伝業務、ホームページ制作、配信
業務提携先で出来ること:ビジュアル制作、予告制作、パブリシティ活動
これら映画の発信・展開をしていく上での頭からお尻までの業務が我々1チームで全て出来ちゃいます!

これって意外に凄いことなんです。(自分で言うのもなんですが、、、🙇‍♂️)

これらを1チームで出来る会社、たぶんこの業界に無い気がします。たぶん。

どう凄いかは、今後GBサロン内でみっちり説明させて頂きます!



3、ギグリーボックスのメンバー
ここも簡単に言うと、とにかくスペシャリストが集まってます!
長年経験を積み、実績も積み、配給のプロ、宣伝のプロ、制作のプロ、映画配給に関わる業務のプロフェッショナルたちが中心となり構成されているのは間違いないです。

その配給会社の代表を務めるのが、わたくし宮崎ですが、私自身、クロックワークスという素晴らしい配給会社に拾ってもらい、その後、LDH JAPANという可能性を沢山秘めた総合エンタメ企業にて映画配給という新規事業の代表を務め、現在、ギグリーボックスを運営しているのですが、ここに辿り着くまでには本当に長い道のりではありました、、、涙

そもそも自分は「何がなんでも映画業界、何がなんでも配給会社」に就職するんだと気合いを入れて就職活動をしたものの、映画業界の門は狭く、夢破れ、フリーターになるよりはどこかに就職をしなければと、当時有名だった就活サイトのホームページを叩き、心の底から興味は湧かないけど、一番最初に出てきたところに就職しようと、本意ではないが覚悟を決めて、とある大手家電量販店の試験を受け、そこに就職をした身なんです。

そこからどうやって配給会社に入ったのか、何故今があるのかというのは、おそらく映画業界等は関係なく、夢を追う人には非常に参考になるのかもしれない部分なので、この辺りも今後、GBサロン内で、いろいろ発信していければと思っています!

ヒントは、ウォルト・ディズニー!笑

話を戻して、そんなわたくしが代表を務めるギグリーボックスですが、本当に素晴らしい仲間と一緒に配給事業の展開が出来ています。

今後、GBサロン内では、そのメンバーからも映画についてのあれこれを配信していきます!!




線の中を閲覧するには無料会員登録が必要になります。マイアカウントよりご登録ください。