映画宣伝マンはつらいよ!?vol.2

こんにちは、宣伝2号です。
梅雨明けが待ち遠しい時期ですね。

現在7月上旬。
前回のコラムでお伝えしたポスターの制作作業は順調に進んでいます。
デザイナーさんが上げてくれた4パターンのビジュアル案のうち、ふたつに絞ったのが6月第3週。

先週は4パターン上がってきた第1弾ラフのうち、2パターンに絞ったレイアウトの修正版をデザイナーさんが上げてくれたので、さらに1つに絞りました。
1つに絞るのはかなり勇気がいりましたが、少しずつ完成に向かっていて、どうなるのか楽しみです。
同じ作品の予告編もディレクターさんから第1弾のラフが届き、非常に完成度が高くて満足満足。
同じ方向を向いている方々と一緒に仕事ができる喜びを感じています。

さて、皆さん。
『映画秘宝』の最新号はごらんになりましたか?
はい、表紙がみんなを奮起させるシルベスター・スタローン師匠のヤツです。
今度のランボーはメキシコで敵と戦うそうで…。
私は今回の映画秘宝を、マ・ドンソクの特集目当てで買いました。
ということで、第二回の今回は韓国映画界の至宝と言っても過言ではない(※)、マ・ドンソク兄貴について書かせていただきます。
※個人の見解です


線の中を閲覧するには無料会員登録が必要になります。マイアカウントよりご登録ください。